ほくろ除去 切除縫合法とくり抜き法

ほくろ除去の方法は、色々あります。

スポンサードリンク

中でもレーザーを使う方法は、簡単だし低料金なので、若い人から人気があります。

しかし、年配の方など、レーザー照射に抵抗がある方も多いと思います。
レーザーを使いたくないという方には、スタンダードな切除縫合法やくり抜き法などの方法がオススメです。

切除縫合法は、直径6mmを超える、大きめのほくろ除去に適した方法です。

くり抜き法について知らない人は多いと思うので、ここではくり抜き法について説明したいと思います。

くり抜き法とは、円筒状の器具を使ってほくろをくり抜いて取る方法です。

くり抜くと聞くと、痛いのではないか?施術後に肌に穴が開くのではないか?など不安に思う方も多いですよね。

しかし、くり抜き法は、局所麻酔を行うので、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

それに、肌に大きな穴が開くことはなく、ほくろを取った跡は、ニキビ跡のような感じになるのでほとんど目立ちません。
ほくろを取った跡は、赤くなったり、へこみやシミになることもありますが、シミは半年もすれば消えますし、へこみや赤みも徐々に目立たなくなります。

くり抜き法は、直径6mm以内の小さなほくろに最適な方法とされています。

くり抜き法のメリットをご紹介します。

・くり抜き法は、施術時間が短く、施術中の痛みがほとんどありません。
・切除縫合法のように、縫合する必要はありません。
・アフターケアは、軟膏を塗るなどとても簡単です。
・レーザーのように熱を使わないので、傷跡がキレイです。
・ほくろだけでなく、ほくろの下の組織まで一緒にくり抜くので、ほくろが再発する心配がありません。

くり抜き法には、メリットがたくさんありますが、デメリットもあります。

・くり抜き法では縫合を行わないので、術後に出血をする可能性があります。
出血がある場合、洗髪や洗顔をすぐにすることはできません。

・くり抜かれた皮膚のハリが元に戻るまでには、2〜3週間という時間がかかります。

ほくろ除去の方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。
色んな方法について詳しく調べ、自分に一番合っている方法でほくろ除去をするようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ほくろが増えるメカニズム
ほくろは、体の色んなところにできます。 こんな所にほくろってあったっけ?ほくろっ......
日焼け止めでほくろ対策 紫外線対策
ほくろの原因は色々あります。 様々なことが刺激となり、ほくろが出来てしまいます。......
ほくろ良性とメラノーマ悪性
ほくろとメラノーマは、別物です。 ほくろは良性・メラノーマは悪性。 メラノーマは......
ほくろとメラノーマ(ほくろ癌)
メラノーマって知っていますか? メラノーマは別名「ほくろ癌」とも呼ばれており、ほ......
ほくろと癌 悪性黒子腫
ほくろは、自分で取ろうとすると癌になってしまう。 大人になってできたほくろは、癌......
ほくろ除去 炭酸ガスレーザー
ほくろにコンプレックスを感じている方は多いと思います。 最近では、ほくろ除去を行......
ほくろ除去 皮膚科と美容外科
ほくろにコンプレックスを感じている人は多いです。 顔など目立つところにあるほく......
ほくろ除去と癌 メラノーマ
ほくろについて詳しく知っていますか? 自分の体にあるほくろ、しっかり把握していま......
ほくろ除去 切除縫合法
ほくろ除去の方法は、色々あります。 最近では、簡単な炭酸ガスレーザーなどが人気で......
ほくろ除去 Qスイッチヤグレーザー
ほくろ除去の方法は色々ありますが、その1つが、Qスイッチヤグレーザーを使う方法で......
天然の薬草もぐさでほくろ除去
ほくろ除去の方法はたくさんありますが、天然薬草のもぐさを使った方法について知って......
凍結療法ほくろ除去
ほくろ除去の方法には色々ありますが、その1つが、凍結療法です。 凍結療法とは、マ......
電気メスでほくろ除去
ほくろ除去の方法は色々あり、ほくろの状態によって選ばれる方法が違います。 隆起し......
ほくろ除去後のアフターケア
ほくろ除去後のケアの重要性、ご存知ですか? ほくろ除去の方法は色々あります。 レ......
美人とほくろ チャームポイント
ほくろがコンプレックスな人は多いです。 たくさんあるほくろが悩み、ほくろのある場......
ほくろ除去クリーム,漢方クリーム
ほくろ除去の方法は、たくさんあります。 皮膚科などで、メスやレーザーを使って取る......
足の裏のほくろと癌
足の裏にほくろがある方、もしかして癌かも・・・って心配していませんか? 最近、足......
ほくろ除去の注意点 傷跡
ほくろ除去は、今や珍しいものではありません。 顔など目立つところにあるほくろは、......

▲このページのトップへ