ほくろとは、最も小さい黒アザで、良性の皮膚病とされています。
ほくろの大きさは様々で、とても小さいものから誰が見ても分かるくらいの大きいものまであります。
ほくろの色も様々です。
肌の色に近くて分かりづらい薄いもの、薄茶色、黒褐色、青色まであります。

スポンサードリンク

ほくろ除去

ほくろ「黒子」は、医学用語では「色素性母斑」と呼ばれます。

皮膚には「メラノサイト」という部分があります。
これは、メラニンという色素を持つ細胞のことです。

メラノサイトは、紫外線などの刺激によって活性化されます。
活性化されたメラノサイトが寄り集まると、ほくろとなります。

メラノサイトが集まった場所によって、ほくろの見え方は変わります。
皮膚に近い所に集まった場合は、表皮が黒く盛り上がってみえます。

皮膚の奥に集まった場合は、青みがかってみえます。
これを、「青色母斑」と呼びます。

ほくろができる時期も人それぞれです。
小さい頃からほくろがある人もいれば、大人になってからほくろができる人もいます。

小さい時にはなかったのに、どうして突然??と思う方もいますよね。
幼い頃から紫外線をたくさん浴びていると、当然メラノサイトが活性化されます。

幼少期の頃、色が薄くて目立たなかったメラノサイトは、歳を重ねるごとに色が濃くなっていきます。
紫外線や日焼けなど刺激を受けるごとにメラニンが作られ、色が濃くなり、大人になってから目立つようになるのです。

体をよく見てみると、結構ほくろってたくさんありませんか?
手・足・顔・お腹・背中・・・、色んなところにほくろはあります。

顔など見えるところはすぐに気付くと思いますが、目立たないところにあるほくろは、恋人や友人などに言われてはじめて気付くこともありますよね。

ほくろ=個性とかチャームポイントと考える方もいますが、ほくろ=コンプレックスな人はたくさんいます。

特に、顔など目立つ部分にあるほくろで悩んでいる人は多いです。
小さい頃からほくろに悩まされており、ずっと悩んだ結果、ほくろ除去を考えている人も多いですよね。

ほくろ除去は、結構簡単にできるので、トライしてみるのもいいと思います。

しかし、ほくろを取る前には、じっくり考えるようにしましょうね。

そのほくろが、自分にとっていいものか?悪いものか?、そのほくろにはどんな意味があるのか?など、色々調べて、じっくり考えてから取るか否かの決断を出すようにしましょう。

一旦とってしまったほくろは、元には戻せませんからね。

また、ほくろ除去に成功した方は、その後のほくろ対策を怠らないようにしましょう。
せっかく手術でほくろをとっても、紫外線をたっぷり浴びたり刺激の多い生活をしていると、再びほくろができてしまう可能性もありますよ。

まずは、ほくろについてしっかり知った上で、今後のことを考えましょうね。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ほくろ除去と占い:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://g.df93.com/hokuro/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。