β遮断薬という薬をご存知でしょうか?
この薬は、高血圧や狭心症、不整脈や心筋梗塞の予防の為に処方される薬となっています。
これらの症状以外にも頭痛にも効果があるそうです。
しかし、1960年代にβ遮断薬が研究によって心理面に対しての効果として、あがり症や社会不安を克服する事ができると証明されたのです。
よって、手の震えや動機、口の渇きや発汗を伴うあがり症の為の薬として使用されるようになったのです。

スポンサードリンク

あがり症をβ遮断薬で克服

のβ遮断薬の作用とはどのようなものなのでしょうか?

β受容体という微小な部分が私達の体の器官にはありますが、その部分に作用する薬なのです。
β受容体では、神経伝達物質(ノルアドレナリン・アドレナリン)が作用する事が原因で、手の震えや動機、口の渇きや発汗が起きてしまうのです。
このβ受容体に対して、β遮断薬という薬が働きかける為、神経伝達物質(ノルアドレナリン・アドレナリン)の働きを抑えるのです。

よって、手の震えや動機、口の渇きや発汗といった症状が起きなくなるのです。

しかも、β遮断薬は優れた即効性を持っています。

以前行われた調査で、興味深いものがありました。

それは、あがり症のバイオリン奏者がβ遮断薬を演奏数時間前に服用した事で、あがり症を克服する事ができたというものです。
しかも、β遮断薬の効果で手の震えも抑える事が出来たため、演奏もとてもすばらしいものに仕上がったという話です。
ここで、勘違いしてはいけないのは、β遮断薬を服用した事で演奏者の能力が上がったという事ではないということです。

β遮断薬を服用する際には、このような点も理解しておきましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

あがり症克服:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://g.df93.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。